脇のムダ毛処理、腋毛を剃るのが黒ずみの原因って本当?

肌を露出するファッションが楽しい季節になると、大切になってくるのが脇の下のお手入れですよね。

わきの下のムダ毛をカミソリなどで剃る人は多い用ですが、そのムダ毛処理がわきの下の皮膚の黒ずみを引き起こしているかもしれないということはご存知でしょうか。

脇の下を剃るとどうして黒ずみの原因になるのか、まとめてみました。

お肌が黒ずむ原因

そもそもわきの下に限らず、お肌が黒ずんでしまう原因はメラニンという黒色色素です。メラニン色素は紫外線などの外的ダメージによって肌に生成されるものですが、これがお肌の中に沈着してしまうと黒ずみになってしまいます。

でも、脇の下の皮膚って、紫外線は浴びにくいのでは?と思うかもしれません。

脇の下は確かに紫外線の刺激にはあまり縁がありません。でも、カミソリや毛抜きによるムダ毛処理も、お肌にとっては強い刺激となるので、メラニンを生成してしまうことがあるんです。

脇の下を剃ると黒ずむ理由

メラニンはもともとお肌を保護するために作られるものです。ですので、紫外線のみならず、摩擦などの物理的刺激によってもお肌の中で作られてしまいます。

メラニンは、通常ならできてしまっても、お肌の生まれ変わりサイクルにのって、自然と垢となって排出されます。日焼けの後も、いったん黒くなりますがいつのまにか元の肌色に戻ってしまいますよね。

ところが何らかの理由で肌サイクルが遅れてしまっている人は、メラニンがうまく排出されずお肌の中に残ってしまうんです。

これが黒ずみとなり、放っておくとシミになってしまいます。

黒ずみを消す方法はある?

脇の下を剃ることによるお肌の負担はとても大きいです。このため、脇の黒ずみに気が付いたら、すぐにカミソリで剃るのをやめることをおすすめします。

とはいっても、この季節、腋毛をそのままにしておくのは女性としてエチケットにかけるといわれてもおかしくないですよね。

そのような場合は、できるだけ刺激の小さなムダ毛処理方法を行うと同時に、黒ずみ対策用の美白クリームを使うのがおすすめです。